仕事・バイトの体験記

覆面調査の体験から実態を調査|バイト内容は簡単?楽で学生にもおすすめって本当?

更新日:

 

世の中では副業ブームがどんどん加速していますが、それに便乗して自分もそろそろ何かしたいな・・・と考えている方は多いのでは?

副業にも色々ありますが、その中でも学生や主婦にも人気なのが覆面調査員のアルバイトです。

初めてこの単語を聞いた方は、「覆面調査って何それ怪しい~」と感じる方が多数派だとは思いますが、正当なビジネスの部類なので安心してください。(詐欺など犯罪的では無いという意味で)

 

しかし、体験してみない事にはその実態がどうなのか分からない為、ぶっちゃけ怖い部分もありますよね。

今回の記事では、私が実際に覆面調査員のアルバイトを経験して感じた、「覆面調査」という仕事の実態を、全てさらけ出して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

覆面調査員の仕事内容とは?

 

覆面調査は別名ミステリーショッパーとも呼ばれ、お店や店舗に潜入し、接客態度やサービスの質を調査するお仕事になります。例えば

  • 有名パスタ店のパスタを注文して、味の評価をレポートにまとめる
  • 弁当屋で弁当を購入し、会計までにどれだけの時間が掛かったかを測定する
  • コンタクトレンズのお店で接客を受け、どのレンズを店員が勧めるのかをメモする

 

このようなシンプルな内容になります。

しかし、シンプルと言っても細かい流れや手順、レポートの要・不要は、企業や案件によって異なる為、自分の目で確認する事が最低限必要です。

自分のやりたい案件が募集されていたら、まずは応募する事が最初のステップになります。

もちろん女性だけでなく、男性でも応募する事はできますよ🙆

 

応募から数日後、早ければ数時間後に応募の可否が分かるので、覆面調査員に当選していれば晴れてバイトをする事ができます。

実際に調査をする事になればマニュアルが貰えるので、それに従って行動しましょう。

その時に注意しなければならないのが、決してお店の人に自身が覆面調査員であることを悟らせてはいけない事です。

 

もし、店員に自分が覆面調査員だとバレたら最悪の場合、報酬が貰えない事も考えられます。

なので覆面調査員は、普通の客のフリをする事が大前提になります。

正直、演技が下手な方や嘘が付けない方には少々難しい仕事になるかもしれませんね。

でも大丈夫!基本バレません。

 

覆面調査の目的は?

 

覆面調査の大きな目的は、企業側が内部業務や接客の改善を図るためです。

いくら利益を上げているお店でも店員の態度やサービスの質が悪ければ、ゆくゆくは業績ダウンに繋がる可能性が高いですよね。

それを内部的に防ぐことが覆面調査の目的になります。

 

例えば飲食店でもオーナーや支配人が来店した時は皆ガチガチに接客しますが、それはオーナーや支配人が権力者だから仕方なくする事ですよね。

一般のお客さんが来た時は80点の接客なのに、お偉いさんが来た時だけ素晴らしい100点の接客をしても、採点方法としては結局のところ意味が無いんです。

そこで、覆面調査員として一般人を導入する事で、そのお店の普段の接客やサービスを正しく判断する事が覆面調査の役割となります。

 

ここでその点数が80点になるのか、それとも30点になるのかはお店のこれまでの行いによって表面化します。

顔の知られていない一般人だからこそ普段の店舗の様子が見れますし、だからこそ企業はお金を払ってでも覆面調査員を雇いたいと思うのです。


 

高校生や大学生でも出来る?

 

では、その覆面調査員の仕事は誰にでもできるのかという話になりますが、基本的に誰でも参加する事ができます。

ただ、自分が勤めているお店が覆面調査の対象であったり、対象の店舗と同じ業種で働いている身内がいる場合はNGの場合もあります。

例えば、有名パスタ店(スーパーパスタ)のA支店で調査をする場合、母親がその有名パスタ店のB支店に勤めている場合や、もしくは有名パスタ店と競合するパスタ店(ハイパーパスタ)で働いている場合などです。

そういった場合は覆面調査が行なえない事もあります。

 

また、高校生や大学生でも応募できますか?という質問もありますが、基本的にはできます。

しかし高校生の場合は、バイト経験がある人でないと難しいかもしれません。

というのも、バイトをするようになれば細かい気配りやちょっとした変化に気づくスキルが身に付きますが、バイト経験のない人だと周囲に無頓着な人もいるので、「調査」という事を考えますとバイト経験のある人の方がスムーズに進行できると思います。

 

実際に体験してみた

 

私も実際に覆面調査を行ってきましたが、思っていたよりも難易度が高かった気がします。

これも案件によると思いますが、報酬が高い案件ほど覚える事が増える傾向にあります。

私はコンタクトレンズを購入する案件をチョイスしましたが、マニュアルが同意書かってくらい長い文章が書かれており、それを読むだけで1時間くらいかかりました。

そして覆面調査の実施日に店頭に来店し、コンタクトの購入をしたのですが、その時に私がやった事は以下の事です。

覆面調査当日の流れ
  • 店舗の外観を撮影(スマホ)
  • 接客を受ける
  • 販売スタッフがオススメするコンタクトのメーカーを聞く
  • その理由をそれぞれ覚える
  • コンタクトを実際に試着
  • ポップの店内配置を覚える(3種類くらい)
  • ポスターの店内配置を覚える(10種類くらい)
  • 医師の診察を受ける
  • 今度は医師・医療スタッフにオススメのレンズを聞く
  • その理由を覚える
  • 医師に勧められたコンタクトを購入
  • 帰宅後レポートを提出(アンケート形式)

バイト当日はこのような手順で覆面調査を行ないました。

この時、ポスターやPOPの配置を覚えるのに意外と苦戦します。記憶力は大事っぽい。

と言ってもそこまで難しい仕事ではないんですがね(;^ω^)

ちなみに購入したコンタクト代と目の診察代(合わせて12.000円)は、報酬と一緒に振り込まれたのでその辺の金銭面は大丈夫でした。

 

しかし、一時負担金といっても12,000円を払うのは普通の人だと躊躇しますよね(;^ω^)

その部分をデメリットに感じてしまう人も中にはいるかもしれません。

でも結果的にコンタクトレンズがタダで貰えたのでそれは良しとしておきましょう。

 

覆面調査の具体的な注意点

 

こんな場合は報酬が支払われない事もあります。

必ず依頼主から指定された手順や方法で業務をこなしましょう。

 

指定された方法以外で撮影している

 

例えば飲食店に潜入した場合、最初に料理の写真撮影が必要になると思います。

その時に素人がやりがちな撮影の例として

  • 料理が食べかけである
  • ソースやスパイスなどの調味料を掛けている
  • 嫌いな具材を抜きで注文する
  • レンズのピントが合っていない

 

などがあります。

必ず正規のメニューを注文し、料理が届いたらすぐに写真を撮るようにしましょう。

 

支払方法が間違っている

 

お店側が用意している支払方法にはいくつも種類がありますが、ほとんどの覆面調査の場合支払い方法を現金に指定している事が多いです。

それなのにクレジットカードで決済してしまうと、最悪のケース報酬が受け取れなくなってしまいます。

また、一口に現金で決済と言っても1万円札や5千円札で支払って下さいと指定される事があるので、その辺りも目を通しておく必要があります。

 

調査が十分でない

 

そして一番やってはいけない事が、調査の手順を自分勝手に決めて覆面調査を済ませる事になります。例えば

  • 店員にこう言った質問をしてください
  • 必ず〇〇を注文してください
  • 店内のポスターの位置を覚えて下さい

このような指示をすっとばし報告しない事です。

そうした勝手な行動をしてしまうと案の定、給料が支払われない!ってことになります。

中には再度来店して調査できる場合もありますが、同じ店に2回も行くのは正直きついですよね。

 

覆面調査バイトの応募方法は?

 

覆面調査にエントリーしたい場合、大抵はインターネットからの申し込みが必要です。

なので報酬主とは一切対面せず、連絡手段はメールと電話のみ。面接などは基本ありません。

 

多くの人は「相手の顔も知らないなんて、何だかヤバそう」という風に捉えがちですが、私も当初は副業目的でネット記事を読み漁り、覆面調査の事を知りました。

最初は「本当に稼げるのかな?」と疑っていましたが、体験してみて言える事が「きちんとお金は貰える」というのが結論です。

覆面調査のアルバイトは以下のサイトで紹介されています。

 

マッハバイト

まずはマッハバイト公式サイトにジャンプ。

黄色枠の「職種から探す」をクリックしましょう。

 

すると職種の一覧が出てくるので、「専門職種・専門サービス」を選択します。

 

そこに出てくる赤枠で囲っている部分が、覆面調査系のお仕事になります。

人気が高く、早い物勝ちって感じですね(;^ω^)

 

また、マッハバイトを経由してアルバイトを始めると、漏れなくマッハボーナス(1万円のお祝い金)が貰えるのでお得です。

少しでも損をしたくないという方にはおすすめ。

 

タウンワーク

単発の覆面調査案件が全国各地で実施可能。

他にも「市場調査」で検索すると、遺跡発掘のバイトなど面白そうな案件も募集していました。

 

ファンくる(fancrew)

消費者参加型の覆面調査(ミステリーショッパー)サイト。

こちらもどちらかと言えば、アンケートモニターに近いタイプの案件が多いです。

 

スマモニ

登録料・年会費、利用料はもちろん無料ですが、中には高額謝礼の案件も眠っています。

美容に興味がある人は、是非覗いてみて下さい。

 

MediF(メディフ)

こちらでは覆面調査以外にも、ラウンドや推奨販売のお仕事が数多く存在します。

アニメ「シュタインズ・ゲート」でもラウンダーと呼ばれる人たちが登場していましたが、まさにこのラウンドのお仕事をする人たちがこれに当たります。

 

 

まとめ

 

覆面調査が初めてで緊張する方も少なくないですが、一度経験すると「え、こんなもんなんだ」という風に感じます。

また、きちんとしたサイトで登録すれば報酬が貰えないなんて事はありません。

覆面調査は副業の1つとして経験しておく事で、働き方に対する価値観も変わると思いますよ。

近未来型的な働き方ってもしかしたらこんな感じなのかもしれませんね。


関連記事



-仕事・バイトの体験記
-,

Copyright© うぇーーーいwww , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.