実体験・レビュー 生活のハウツー

コンタクトレンズ1dayと2weekの違い|コスパ面と安全面を比較した購入方法

投稿日:

 

コンタクトレンズって世の中に種類が沢山ありますよね。

昔はメガネを愛用する人が多かったと思いますが、最近ではコンタクトの利用者が多くなってきているように感じます。

 

特にパソコンやスマホが普及したお陰で生活が便利になった事は有難いですが、その一方で視力の低下が進んでいる事はスマホ社会の弊害とも言えそうですよね。

また、コンタクトレンズの種類は多様化しており、近視用、乱視用、遠視用、おしゃれ用(カラコン、全眼)など、ターゲットの幅も広がってきています。

現在ではコスプレ用で、夜間に発光するタイプのコンタクトレンズもあるんだとか。

 

そんな生活の中では欠かせなくなってきたコンタクトレンズですが、中学生や高校生の場合だと、まだまだコンタクト初心者も大勢いますよね。

そこで気になってくるのが、コンタクトレンズのタイプは何日用を使えばいいのか、という疑問です。

このページでは以下を解説していきます。

 

  • 1Day(1日用)と2week(2週間用)の違い
  • コスパ面(価格)はどちらが安いのか
  • 安全面(衛生面)から見ると、どっちがおすすめなのか

 

ページの最後の方では、コンタクトレンズを安く買う方法とおすすめのタイプを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク
 

1Dayコンタクトと2weekコンタクトの違い

 

コンタクトレンズの種類は近視用や乱視用以外にも、使用期間別のタイプに分類する事ができます。

有名と言うか定番なのが1Dayコンタクトになりますが、その1デイタイプの一番のメリットは、1日用なので基本的に使い捨てることが可能な点です。

朝起きて顔を洗ってコンタクトを装着。あとは帰宅した時に外して捨てるだけ。

 

めちゃくちゃ簡単だし、メンテナンスの必要もありません。

それに比べ2weekタイプの場合は、専用の洗浄液や保存液が必要になりますし、洗浄液のタイプによっては指でこすり洗いする必要もあります。

 

日数別に見たコンタクトレンズの種類📝
  • 1Day(1日用)
  • 2week(2週間用)
  • 1month(1ヶ月用)
  • 半年用
  • 1年用

 

このように1Dayと2week以外にもレンズの種類は沢山あります。

ただ、1day以外のコンタクトレンズは、どれも洗浄液と専用ケースが必要になりますし、それなりにメンテナンスも重要になります。

傾向としては使える日数が長くなればなる程、コンタクトレンズの衛生面は悪化しやすくなるため注意が必要です。

 

コスパ面ではどのタイプのレンズが安いの?

 

なるべく安くコンタクトレンズを手に入れたいと考えているのなら、2week(2週間)以上のタイプが低価格な料金になります

洗浄液や保存液、すすぎ液、専用ケースなどの使用は必須ですが、その辺りを上手く調整すればコスパを抑える事も可能です。

 

私も以前、1年用の度入りのカラコンを愛用している時期がありましたが、1年間の合計で掛かった金額は1万3000円くらいだったと思います。

ワンデーだと、両目で2400円/月程度のお金が掛かるので、1年で大体3万円くらいは必要になりますね。

 

それを考慮すると、1Dayと1年用では1万7千円くらいの差が生まれるので、安く使いたいのなら長期間用のレンズを選んだ方が割安です。

また、当時使っていた1年用のカラコンは自動洗浄に対応していないので、こすり洗いするタイプの洗浄液を利用していました。

 

▼ロートCキューブ ソフトワンモイスト

 

上記の洗浄液は洗浄と保存が1本でできますし、また600円で1ヶ月くらい使えるので、最低限の綺麗さを保ちつつ、とことん料金を抑えたい方にはおすすめです。

 

安全面を考慮すると衛生的なレンズはどのタイプ?

 

では、安全面に重点を置いた場合、1年用のコンタクトレンズは衛生的に大丈夫なのかと言いますと、衛生面はあまり良くないが答えになります。

それは何故かと言いますと、1Dayコンタクトは性質上、毎回新たなパッケージを開封するため綺麗な状態のまま目に装着する事ができますが、2week以降のレンズだとメンテナンス時に伴う洗い不足、もしくは長期間使用による劣化がどうしても目立ってきます。

衛生を保つ秘訣としては

 

  • 長時間コンタクトを着用しない
  • 目の調子が悪い時は無理やり使用しない
  • 丁寧に洗浄する
  • レンズの着用時はすすぎ液で1度すすぐ

 

こうした努力を続けることが、コンタクトの衛生を保つコツになります。

「目の調子が悪い時は無理やり使用しない」というのは、経験上のお話になりますが、調子が悪い時にコンタクトを装着すると目やにが酷くなります。

その目ヤニはコンタクトにも付着するので、結果的に普段よりも丁寧に洗う必要が出てきます。

そうしないと劣化がどんどん進みます。

 

▼コンセプトワンステップ(自動洗浄液)

コンセプトワンステップ 300ml×3本
Amo

汚れを綺麗に落としたい方は自動洗浄型の洗浄液を使う事によって、通常の洗浄液(こすり洗い)よりも清潔が保てますし、自分で洗う手間も省けるのでおすすめです。

 

▼コンセプトすすぎ液

 

私は普段、上記のコンセプトすすぎ液を利用していますが、レンズの装着前に1度すすぐだけで装着感が大分変ります。

保存液に付着したゴミをしっかり落としてくれるので、着用時に目がチクチクすることもほとんど無くなります。

約350円という低価格な金額にも関わらず2ヶ月間くらいは使えるので、1本持っておくだけでも便利です。

 

また、特に注意しなければならないのは、面倒臭がり屋の人。

「今日はコンタクトを洗うのが面倒だから、前日の保存液にそのまま漬けておこう」「最低でも数十回はこすり洗いした方がいいらしいけど、5~6回こすれば大丈夫じゃね?」

このような思考に陥ると、コンタクトレンズの劣化速度はすさまじく加速していきます。カビも生えますw

 

▼コンタクトにカビが生えた話

 

毎回きっちりとメンテナンスできる人は、1day以外のレンズでも大丈夫だと思いますが、自分自身そうでないと感じている人であれば基本的には1Dayを使いましょう。

 

最終的に1Dayと2weekはどっちがおすすめ?

個人的にはコスパは出来るだけ抑えたいと思っているタチなので、1Dayは視野に入れておりません。

いくら安全とは言えども、財布の紐はそう簡単には緩んでくれませんからね。

別に1Dayが悪いという話ではなく、コスパに重点を置くと2weekに軍配が上がる感じですね。

 

なので、個人的には2weekの方がオススメかな~と思います。

きちんと正しく洗っていれば大した問題も発生しませんし。

とはいいつつも、実際私が使っているのは2weekではなく、厳密には1monthレンズなんですがね。

 

1monthに比べると、衛生的には2weekの方が安心できますが、どのタイミングで開封したかを忘れがちになってしまうので、個人的には1monthの方が期限管理はしやすいと思います。

1monthだと、月初めから月末まで使えばそれが捨てるタイミングになるので、「あれ?このレンズいつまで使えるんだっけ?」という事にはなりません。

こうした事を踏まえると、きっちりした性格の人であれば1monthが一番バランスの取れたレンズだと言えるでしょう。

 

▼1monthリフレア

 

普段私が使っている1ヶ月用のレンズです。コスパはこれが最強!

逆にコレよりも総合的にバランスがいいよ!ってゆうレンズがあったら是非コメントで教えていただきたい。

んー、お金があれば普通に1Dayを買うんですけどね。

ザ・金欠!!!笑

 

コンタクトレンズを安く購入する方法

 

コンタクトレンズを注文する時は、最初に現実のお店で診断してからオーダーすると思いますが、すでにメガネを持っていて、尚且つレンズの度数を把握している人であれば、インターネットで購入した方が安いです。

また、ネットでは店舗販売で扱っていない商品も探せますし、メール便で自宅に届けてもらう事も可能なのでおすすめ。

近眼(近視)の人の場合だと、PWRとBCの2つさえ知っていれば大抵は大丈夫です。

PWR・・・近視の度数の強さ(例:-2.5など)

BC・・・ベースカーブ(レンズの曲がり具合:8.7など)

DIA・・・レンズの直径(大抵は14~14.5mm)

RWRは数値が高くなればなる程、度数がきつくなっていきます。

反対にBCは数字が小さくなればなる程、曲がりがきつくなります。

DIAはレンズの大きさを表していますが、コンタクト初心者は小さい方を選んでおくと良いと思います。

 

ちなみにリフレアのBCは8.7でしたが、メニコンプレミオはBCが8.4くらいだったので最初はちょっとゴロつく感じがしました。

まあ、許容範囲っちゃ許容範囲ですがね。

 

▼メニコンプレミオを使ってみた感想

 

コンタクトレンズ(1Dayと2week)のまとめ

 

安全面からコンタクトを選ぶのであれば、1Dayにしておいた方が無難です。

ただ、衛生管理を徹底的にできる人なら2week以上のコンタクトの方が、コスパ的に見ると断然安いのでおすすめ

また、レンズデータ(PWR、BC、DIA)を知っている場合は、店舗購入よりもインターネット購入の方が安く手に入ります。

 

▼メニコン ワンデー

created by Rinker
メニコン
¥1,690 (2019/02/05 08:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼メニコンプレミオ 2week

created by Rinker
メニコン
¥1,680 (2019/02/05 08:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事



-実体験・レビュー, 生活のハウツー
-, , ,

Copyright© うぇーーーいwww , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.